なかまち不動産
10:00~18:00
2019年10月22日
賃貸管理(元付け)

入居者層ターゲットを決めれば満室になる

人口減少に向かっている現在の日本では、かつてのように建物を建てれば、特段の創意工夫を必要としなくても、貸室需要が見込めた時代は、既に終わりを告げています。

需要と供給のバランスが崩れれば物件の選別も始まり、緊密な企画で建築された物件と、そうでない物件とでは、収益面に差が生じ、やがて、淘汰される側とする側に分かれていくでしょう。

今後は、賃貸物件の入居者像やメリットを整理し、地方都市で管理する物件のターゲットを明確にして、対策していくことが重要になってきます。

管理物件の、入居者ターゲットは明確ですか?

<入居者像の特徴と指向>

仕方なく賃貸派 

 持ち家を購入する資力、意欲が無い。家賃が安ければ安いほどよい。

とりあえず賃貸派

 将来は持ち家を購入したいので、現在は倹約。必要最小限の居住性能は求めるが賃料は安い方が良い。

あえて賃貸派

 持ち家と賃貸を比較したが、現時点では賃貸での生活を重視したい。住空間に付加価値あるグレードを求める。

当然賃貸派

 家を持つことに拘らない。単身赴任・転勤族や学生等で現在は賃貸。

積極賃貸派

 住宅は賃貸で十分。良質な賃貸住宅に住み、現在の生活を楽しむ自由思考。賃貸住宅の持つメリットを最大限に実現したい。分譲マンションの賃貸物件を好む。

<賃貸住宅のメリット>

地域選択が自由:好きな地域に移り住むことができる。

環境選択の自由:家族構成の変化により環境を選択できる。(子供の進学先の選択等)

広さの選択が自由:家族の構成人数により住宅の大きさを選択できる。

近隣住人の選択の自由:トラブル回避のための引っ越しが可能

特定居住者用住宅の選択が自由:ペット共生等の趣味が共感できる住環境を選択できる

賃貸住宅は選択が自由であることが、一番のメリットと言われています。つまりは、入居者の指向と需要に合致した物件を、自ら自由に選択しているということです。

管理物件は、地方都市でも中心地や郊外、構造が木造から~RC、共同住宅から戸建の借家、築年数が築古から築浅まで様々あります。

果たして「選ばれる物件」として、ターゲットに合致した、今後も需要が見込める物件になっていますか?もし、そうでないなら、創意工夫のある物件へと企画し直していかなければ、「負のスパイラル」に陥り、いずれ淘汰されることになるでしょう。

賃貸管理のことは、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
なかまち不動産の中町秀豊です。約30年、大手不動産活用専門会社で全国の地方都市を転勤し、不動産活用を通じその地域、業界に携わって参りました。今後も皆様と、不動産で「笑顔のある豊かな人生=リッチライフ」を創造できれば幸せです。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward