なかまち不動産
10:00~18:00
2019年09月18日
空き家対策と活用

トランクルーム経営

数々ある土地活用の方法の中で、全国的に潜在需要が見込める成長事業と言われているのが、「トランクルーム経営」です。

今後も需要の伸びが予測されている土地活用事業では、介護系施設とトランクルーム経営が高利回りな経営が可能と言われています。

「トランクルーム経営」は、荷物を保管するだけの施設ですから、周辺環境の影響も受けにくく、環境面で土地を選ばないことも、利点と言われています。

トランクルーム経営の型式と運営方法

<型式>

コンテナ型:敷地にコンテナを並べ設置する型式と、コンテナを建築する型式

ルーム型:築古アパマンの空部屋、日当たりの悪い部屋、ビルの空きフロア等をロッ

      カーやパーティション等で区分して、収納スペースとする型式

<運営方法>

事業用定期借地方式:トランクルーム業者へ土地を定期借地するだけ

リースバック方式:土地オーナーが、施設を所有し、トランクルーム業者へ賃貸する

業務委託方式:土地オーナーが施設を所有し、経営を行い、集客管理を業者委託する

           

コンテナ型とルーム型のメリット・デメリット

<コンテナ型>

メリット:設備投資のコストが低い

<ルーム型>

メリット:屋内の為、温度、湿度の調整が24時間可能

     住宅に適さない建物、部屋をリフォームすることで、活用可能

デメリット:建物設備の投資コストが高くなる

「トランクルーム経営」は、活用方式により、税制面の優遇も多少ありますが、収益、活用に適した経営です。

是非、専門家とご相談されることを、お勧めします。どうぞ気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
なかまち不動産の中町秀豊です。約30年、大手不動産活用専門会社で全国の地方都市を転勤し、不動産活用を通じその地域、業界に携わって参りました。今後も皆様と、不動産で「笑顔のある豊かな人生=リッチライフ」を創造できれば幸せです。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward