なかまち不動産
10:00~18:00
2019年09月16日
空き家対策と活用

トランクルームの屋外型活用、屋内型活用

トランクルームの需要が高まっています。イメージとして屋外型のコンテナタイプを思い

浮かべますが、室内型の「ルームタイプ」や小型の「ダンボール収納タイプ」等、ニーズ

に合わせて多様化しています。

多様化するトランクルームの需要への対応

<トランクルームのメリット>

・住宅や社屋の普段、日常的には未使用の荷物を収めることで、空きスペースが生まれる

・長期、短期を問わず、必要時にタイムリーに使用できる。

・一時的な保管も可能

<トランクルームのデメリット>

・毎月使用料の支払いが発生する

・自宅との距離感により、利便性の優劣がある

・使用制限等がある場合がある(24時間の対応が難しい等)

屋外型か室内型かは、利用目的で仕分けるべきです。

<屋外型のトランクルームの適正な利用>

・家具や家電、アウトドア用品等、重いもの

・シーズンにより保管する家電(こたつ、ストーブ、扇風機等)

・駐車場から収納ができる

・注意すべきこと

   要対策:夏の高温多湿、害虫の侵入、冬の結露等

<室内型のトランクルームの適正な利用>

24時間空間設備が機能して温度、湿度が管理されている

  湿気やカビに弱いものの収納(衣類、布団、靴、洋画、絵画、写真等)

<屋外、室内トランクルームに共通して大事なこと>

セキュリティ対策ができている

夜間照明が完備している

24時間利用できる

<トランクルームの料金相場:月>

・屋外型:0.5畳~1畳 2000円~7000円

・室内型:0.5畳 8000円、1畳 13500円、1.5畳 18500円、3畳 33000円

 

室内型には、ダンボール単位のレンタル収納サービスの会社も有ります

月額:500円で、ダンボール単位の収納ができる、ボックス保管サービスをする会社も

有ります。

トランクルームのサービスも多様化しています。生活に対応した利用は、便利ですね。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、大手建設・不動産活用専門会社の支店長として全国各地を転勤し、不動産活用を通じ多くの不動産オーナーとご家族の皆様と出会い、様々な建設・不動産取引の経験を積むことができました。これからの人生も、不動産オーナーとご家族の皆様其々のお悩みやご要望にお応えし、不動産で「笑顔のある豊かな人生=リッチライフ」を創造できれば幸せです。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward