なかまち不動産
10:00~18:00

住宅の売却・任意売却

当社は、住宅やマンションの売却を考える時に、一般的に設定されている「既設の住宅ローンがどうなるのか」等について、解決を支援する専門業者です。転勤、建替え、病気、離職等により住宅やマンションを売却したいが「売却査定額で住宅ローンは返せるのか」「残った住宅ローンはどうするのか」「そもそも、抵当権の付いた家が売れるのか」等の不安を、全国住宅ローン救済、任意売却支援協会の任意売却取扱主任者が、事前にご不安を解決しています。又、「離婚時の財産分与・連帯保証問題」「病気、離職、老後の住宅ローン救済支援」等の任意売却も行なう住宅売却の専門業者です。

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却することです。住宅ローン滞納の主な原因は、リストラや病気、転職、不景気による収入減ですが、離婚や老後の収入減等も多くなっています。解決策としては、任意売却の他、親子間売買やリースバック等もありますが、個々のケースにより最適な解決策を相談することが最善です。

ローン滞納の最悪の結末は、競売で売却されてしまうことで、競売後も、多額の債務は残る為、自己破産となることが予想されます。最近は特に、新築住宅の購入時に配偶者が連帯保証人となる、夫婦収入合算の住宅ローンの利用が多いようです。しかし、順調なはずの夫婦生活も離婚となると、配偶者は連帯保証が大きな壁となります。当社では、「離婚時の財産分与・連帯保証問題」「病気・離職時や老後の住宅ローン救済支援業務」を、専門家と共に、任意売却取扱主任者により専門的に承っています。

 

全国住宅ローン救済・任意売却支援協会:任意売却取扱主任者が対応します

住宅の売却・任意売却等、お気軽にご相談ください

ご相談内容は守秘義務により、秘密厳守です。ご安心ください。

お問い合わせ

INQUIRY
必須
必須
物件の種類
現状
郵便番号
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward