なかまち不動産
10:00~18:00
2019年07月31日
不動産購入

区分所有建物の登記簿は、複雑です

ー金沢なかまち不動産BLOGー

一般的に区分所有建物(マンション)は土地と建物との分離処分が禁止され「敷地権」として登記されています。区分所有建物は一棟の建物を複数の世帯で利用することから「専有部分」と「共用部分」から成り立っており、管理規約によりルール化されています。

管理規約にある「共用部分」の中で、「専用使用権」が認められている場合、使用料が定められている場合があります

専用使用部分として、各住戸に接する(バルコニー)、各住戸に付属する(玄関扉、窓枠、窓ガラス)、1階に面する庭や屋上テラス等があり、専有使用権者が定められています。使用料も確認しましょう!

中古マンション価格査定では、マンションの土地は空間利用という考え方です

土地は共有で建物と一体として利用されています。土地の価格が空間と考えられ、空間の部分のうち専有部分が取引されると考えると、専有部分の床面積の価格(単価)を比較することで価格査定できることになります。当然、対象物件の地域性・個別性の価格形成要因や品等の比較は考慮します。是非、専門家にご相談することをお勧めします。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、東証一部上場の建設・不動産活用専門会社に勤務し、支店長として全国各地を転勤し不動産の有効活用事業で多くの皆様と出会い、建設、不動産に関わる様々な取引・契約を経験することができました。これからの人生も、不動産の売買、活用、賃貸に関わる皆様の様々な要望、お悩み、ご相談に真摯に取り組み、「不動産で笑顔のある豊かな人生を」応援します。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward