なかまち不動産
10:00~18:00
2021年04月15日
不動産売却

相続して空き家となった実家の売却は、家財処分や遺品整理等が大変です

空き家の売却でご相談を頂くと、現在も相続した時の状態のままで、相続人が揃って遺品の整理や、家財の処分について話す機会も無ければ、日時を合わせて整理する時間も持てないで困っていると、ご相談をお受けします。

実家が空き家の場合で、相続人の住居が各地に分散している場合、お世話する方のご負担は、大変です。

分割協議と異なり、遺品整理や家財処分は、思い入れが違います

相続時、不動産等大きな相続財産についての分割協議も大変ですが、合理的な解決に専門家も加わり、法律に沿って円満解決を図ることが多くなります。

しかし、建物の所有権は解決しても、現状のままの売却や取り壊しての売却、いずれの場合も、建物内部にある家財や遺品等の整理には、相続人其々の思い入れもあり、法律では割り切れない感情と、具体的に整理処分に集まって相談や作業することが、各自の住まいが離れていると相当難しいことがあります。

所有者の方も、ご自身の住宅がありご両親の実家が空き家の場合、正月、お盆の集まる機会も無くなるからでしょう。

所有者だから全て一存で、勝手に処分ともいかず、調整が難しい相続後の調整です。

空き家を兄弟等で共有相続している場合は、対策が必要です

先ず、空き家をどうするかの判断を、相談する必要があります。売却となると不動産仲介業者の選定から始まり、価格の合意、経費の負担等、主となる代表所有者への委任度が共有者が多いと尚更、重要になります。

任せる不動産業者との窓口となる所有者代表の方を一本化して、売買契約や所有権移転決済がスムーズに行われることが、求められます。

共有者の所在が各地に散在している場合は、委任行為、面談決済行為等、不動産業者、司法書士と買い手の方との段取りも重要になります。

空き家の近隣トラブルも想定され、敷地の境界確認等も必要になります。様々なことを不動産業者に依頼することが、多くなりますので、大手で無くても、小回りの利く、信頼できる不動産業者を選ぶことがとても重要になります。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、東証一部上場の建設・不動産活用専門会社に勤務し、支店長として全国各地を転勤し不動産の有効活用事業で多くの皆様と出会い、建設、不動産に関わる様々な取引・契約を経験することができました。これからの人生も、不動産の売買、活用、賃貸に関わる皆様の様々な要望、お悩み、ご相談に真摯に取り組み、「不動産で笑顔のある豊かな人生を」応援します。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward