なかまち不動産
10:00~18:00
2019年07月13日
気になるブログ

金沢の夏は「どじょうの蒲焼」が風物詩です

金沢の旧市内、浅野川と卯辰山沿いの材木町で生まれ育った私は、母親と一緒に、よく近所の魚屋さんへ「どじょうの蒲焼」を買いに行ったことや、焼き立ての蒲焼が甘辛で苦い美味しさを、よく覚えています。「どじょうの蒲焼」の起源は、「友禅流し」、「ごりの佃煮」、常盤橋、天神橋、東山を流れる浅野川と卯辰山にあります。その昔、卯辰山に軟禁された長崎のキリシタンの人々が生活の足しに街中で売っていたのが、起源らしいです。

「金沢どじょうの蒲焼」!苦味が独特で美味しいです

「どじょうの蒲焼」は、好き嫌いとお店によりハズレの場合もあります。是非、美味しいお店で本物を一度は召し上がってみて下さい。金沢は他の地域に比べて、鰻の専門店が今も少ないように思います。私も、岐阜に転勤した時勧められて食べた鰻丼が病みつきになり、今でも、一年中、いつでも食べるようになりました。

美味しい鰻、各地にありますが、中京3県(岐阜・愛知・三重)も美味しいです

鰻のことで、味や有名店にお詳しい方多いと思います。が、個人的にはやっぱり食べなれている岐阜・愛知・三重の鰻が好きです。各地に夏を乗り切る食べ物、沢山あると思います。今年の夏は是非、「鰻」に加え、金沢の「どじょうの蒲焼」も召し上がってみて下さい。お勧めします。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、大手建設・不動産活用専門会社の支店長として全国各地を転勤し、不動産活用を通じ多くの不動産オーナーとご家族の皆様と出会い、様々な建設・不動産取引の経験を積むことができました。これからの人生も、不動産オーナーとご家族の皆様其々のお悩みやご要望にお応えし、不動産で「笑顔のある豊かな人生=リッチライフ」を創造できれば幸せです。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward