なかまち不動産
10:00~18:00
2021年02月07日
賃貸・管理

賃貸のアパートやマンションは、建物構造、築年数等により家賃や生活環境に違いがあります

賃貸のアパートやマンションは、建物構造や築年数、立地、間取り、利便性等により、家賃や生活環境に違いがあります。

お部屋選びでは、建物構造や築年数、立地、間取り、利便性等により、家賃が設定されていることを考慮して、条件に近い物件を選ぶことになります。

入居後の生活環境は、現地内見や重要事項説明の段階で対応策含め、確認しておくことが大切です。

お部屋選びは、自分の条件と入居後の生活環境を想定して、物件を選ぶことが大切です

建物は一般的に、RC造マンション、S造マンション、S造アパート、木造アパート等の構造により、強度や防音、遮音性等に優劣が有り、家賃設定にも反映されています。

築年数や間取り、立地、利便性、設備等の充実度合い等によっても、当然、家賃に違いが出てきます。

賃貸物件では、多くの様々な事情を持った他人世帯が共同生活をするわけですから、トラブル、リスクは予想できています。

しかし、大家さんとしては、その全てを解決しようとすると、建設コストが莫大になり、採算のとれない事業になることもあり、建築目的と建物コストと想定する入居者層や家賃の設定をして事業されています。

建物の環境を整備をするのは大家さんですが、選ぶのは、入居者です。

入居者がお部屋を選ぶ時の条件と選んだお部屋が相違していれば、契約しない判断をするだけです。

物件選びでは、予想できる生活環境を想定して、許容範囲を心得て、お部屋選びすることが大切です。

賃貸のアパートやマンションで、有りがちな「入居者トラブル」は、チェックできます

賃貸のアパートやマンションで、有りがちな入居者トラブルは、お部屋選びの段階で、チェックできます。

・ゴミ出し・騒音・悪臭・駐車場・除雪・怖そう、怪しそうな人の出入り等です。

例えば、上階の部屋の騒音等は、建物の構造的な問題があります。

大雪による駐車場の除雪等は、入居者同士の協力が必要になります。

問題は、一部の入居者が起こすルール違反によるトラブルにあります。入居審査の段階では、判断できない生活習慣です。

ゴム捨て、騒音、悪臭等のルール違反だったり、怖そう・怪しい人の出入り等も、困ります。

管理会社や大家さんに苦情として、解決してもらうしかトラブルを大きくしない手段はありません。

お部屋選びの段階で、チェックできることは、現地内見や重要事項説明の段階で、仲介業者にしっかり確認することです。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、東証一部上場の建設・不動産活用専門会社に勤務し、支店長として全国各地を転勤し不動産の有効活用事業で多くの皆様と出会い、建設、不動産に関わる様々な取引・契約を経験することができました。これからの人生も、不動産の売買、活用、賃貸に関わる皆様の様々な要望、お悩み、ご相談に真摯に取り組み、「不動産で笑顔のある豊かな人生を」応援します。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward