なかまち不動産
10:00~18:00
2019年07月03日
不動産活用

石川県金沢市の路線価格は上昇

7月1日に国税局より路線価が発表されました。金沢は全国47都道府県庁所在地の最高路線価順位が17位(900千円/1㎡)でした。当然、金沢駅周辺の中心地の最高価格と周辺郊外では違いはありますが、上昇傾向のメリット・デメリットを理解して、毎年の資産の棚卸評価として、ご自分の所有地路線価格と評価は把握しておきたいですね。

土地の価格は「一物四価」=四つの価格があることです

土地の価格は四つあります。時価(実勢価格)、公示価格(国土交通省)、路線価(国税庁)、固定資産税評価額(市区町村)の四つです。目的別には、土地取引等=時価・公示価格、相続税評価=路線価、固定資産税評価=固定資産路線価です。土地評価の上下落は、我々各自・各家庭に様々な関わりがあります。それぞれ詳細な評価方法があります。目的に応じて専門家と相談されることをお勧めします。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、東証一部上場の建設・不動産活用専門会社に勤務し、支店長として全国各地を転勤し不動産の有効活用事業で多くの皆様と出会い、建設、不動産に関わる様々な取引・契約を経験することができました。これからの人生も、不動産の売買、活用、賃貸に関わる皆様の様々な要望、お悩み、ご相談に真摯に取り組み、「不動産で笑顔のある豊かな人生を=リッチライフ」を応援します。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward