なかまち不動産
10:00~18:00
2020年06月19日
不動産購入

「住みよさランキング2020」で全国1位に石川県野々市市が選ばれました

1993年から東洋経済「都市データーパック」が、自治体ごとの『住み良さ』を総合評価している「住みよさランキング2020」を発表しました。今年は石川県野々市市が全国1位に選ばれました。その他、ベスト10内には、石川県から4位白山市、7位金沢市、8位小松市、10位能美市の全5市が選ばれる快挙となりました。

「住みよさランキング」全国1位の、野々市市とは

野々市市は、2011年に野々市町から野々市市に変わった自治体で、人口は53000人、金沢市南西部に隣接し、白山市に囲まれたコンパクトな市です。今回、全国812市区の自治体を調査した「都市データパック」では、【安心度・利便度・快適度・富裕度】の4つの項目から算出した各指標から総合評価を出しています。

「住みよさランキング」が全国で1番に選ばれた野々市市は、利便度が高く全国10位、その他の項目でも100位台の高水準を獲得した結果、総合評価で1位となりました。又、更に驚いたことは、1位の野々市市の他に、石川県から10位内に4つも自治体が選ばれたことです。4位:白山市 7位:金沢市 8位:小松市 10位能美市です。

「住みよさの全国ランキング」で、石川県から5自治体が選ばれたことは、石川県民としては何だか心地よい気持ちになりました。転勤生活が長かった私ですが、改めて日本有数の住みよい町で暮らせることを再認識でき感謝しています。

「住みよさ」の算出指数には、安心度・利便度・快適度・富裕度があります

〇安心度:・病気への対応(病院・一般診療所の病床数)

     ・高齢者への対応(介護老人福祉・保健施設の定数)

     ・乳児、幼児への対応(20~39歳女性の0~4歳児数)

     ・子供医療費助成・刑法犯認知件数・交通事故件数

〇利便度:・小売販売額

     ・大規模小売店店舗面積

     ・飲食料品小売事業所数

     ・飲食店数

〇快適度:・転出入人口比率

     ・水道料金

     ・汚水処理人口普及率

     ・都市公園面積

     ・気候

〇富裕度:・財政力指数

     ・法人市民税

     ・1人当たり所得

     ・1住宅当たり延べ床面積

     ・住宅地平均地価

以上の各指標の偏差値を「総合評価」して、「住みよさ」を算出しています。

人の日々の暮らしでは、利便性が良く、安心して、快適に暮らせ、住環境が整った富裕度の高い生活ができる町に暮らしたいですね。

因みに、弊社、「なかまち不動産」は野々市市に隣接した金沢市南部の高尾台に位置しており、野々市市迄は車で2~3分、金沢工業大学キャンパスも近く、生活圏は一体化しています。何かご質問等ございましたら、お気軽にお問合せいただければ幸いです。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、大手建設・不動産活用専門会社の支店長として全国各地を転勤し、不動産活用を通じ多くの不動産オーナーとご家族の皆様と出会い、様々な建設・不動産取引の経験を積むことができました。これからの人生も、不動産オーナーとご家族の皆様其々のお悩みやご要望にお応えし、不動産で「笑顔のある豊かな人生=リッチライフ」を創造できれば幸せです。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward