なかまち不動産
10:00~18:00
2020年06月14日
気になるブログ

「弁当忘れても、傘忘れるな」金沢傘は強さと美しさの文化です

ー金沢なかまち不動産BLOGー

各地に天候の特色を表現した言葉は色々あると思います。金沢では朝、出かける前に雨に注意することを、言葉に表したのが「弁当忘れても、傘、忘れるな!」です。雨の日が多く沢山降るという意味では無く、朝は晴れていても、途中で曇り、雨が振ったり、又、晴れたりする・・・一日の天気が、変わり易いという特色を表現した言葉です。

急な雨でも慌てない「置き傘プロジェクト」が利用できる町

「弁当忘れても傘忘れるな」と言われる程、一日の中で雨が降ったり止んだり、雨の降る日が多い街です。それでも、ついうっかり傘を忘れるということは、多々あります。観光で訪れる人なら尚更です。

金沢の「置き傘プロジェクト」は、誰でも自由に使えて自由に返せる傘を、街中の観光案内所やお店、まちバスの車内等の専用傘立てに置いておく取り組みです。借りた傘はすべての置き傘設置場所で返却が可能な仕組みです。借りる、返すは性善説とモラルで成り立っている、観光都市の「おもてなし」精神です。

「傘作りは日本の文化」金沢傘唯一の老舗が守っています

金沢傘の特徴は、一年中雨の多い気候と水気の多い冬の雪の重みに耐えられる強度美しさにあります。分厚い和紙と竹の素材で、強靭なつくりと随所に組み込まれた美の細工により生まれる金沢傘は、伝統的な絵柄とモダンなデザインの傘が融合して、傘を開いたときの内側の細工も華麗で持つ人の心を和らげてくれます。

今では、金沢で唯一となる、創業120年を超える「松田和傘店」に受け継がれる丈夫さと美しさを兼ね備えた「金沢和傘」は、価値ある日本の文化として伝統を守り伝承し続けてほしいと思います。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、東証一部上場の建設・不動産活用専門会社に勤務し、支店長として全国各地を転勤し不動産の有効活用事業で多くの皆様と出会い、建設、不動産に関わる様々な取引・契約を経験することができました。これからの人生も、不動産の売買、活用、賃貸に関わる皆様の様々な要望、お悩み、ご相談に真摯に取り組み、「不動産で笑顔のある豊かな人生を=リッチライフ」を応援します。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward