なかまち不動産
10:00~18:00
2020年04月15日
売却・任意売却

任意売却で離婚問題の解決を

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却することです。


住宅ローン滞納の主な原因は、リストラや病気、転職、不景気による収入減ですが、最近は離婚や老後の収入減等も多くなっています。

夫婦収入合算の住宅ローンの連帯保証

新築住宅の購入時に、配偶者が連帯保証人となる夫婦収入合算の住宅ローンの利用が多いようです。収入を合算することで、借入額が多くなり購入がし易くなるからです。住宅購入は夫婦2人の共同作業になりますから、制度としては有難い制度です。

しかし、順調なはずの夫婦生活も離婚となると、共同作業で得た果実を分割することになります。まず、この住宅はどちらが所有し維持していくのか、この際、売却して返済してしまうか等を決めることが大切です。

住宅ローンの支払いは長期に組まれています。2人で支払っていた返済をどちらか1人となると、負担が大きく滞納の可能性が高くなります。又、配偶者が連帯保証人となっているので、離婚後も、2人には返済義務が残ります。

離婚後の新生活の為に

解決策としては、任意売却の他、親子間売買やリースバック等もありますが、個々のケースにより最適な解決策を専門家と相談することが最善です。


離婚後であっても、ローン滞納の最悪の結末は、競売で売却されてしまうことで、競売後も、多額の債務が残る為、自己破産となることが予想されることです。


「離婚時の財産分与・連帯保証問題」「病気・離職時や老後の住宅ローン問題」は、新しい生活を「苦」のないようにする為にも、解決策を早く専門家に相談することが必要です。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、大手建設・不動産活用専門会社の支店長として全国各地を転勤し、不動産活用を通じ多くの不動産オーナーとご家族の皆様と出会い、様々な建設・不動産取引の経験を積むことができました。これからの人生も、不動産オーナーとご家族の皆様其々のお悩みやご要望にお応えし、不動産で「笑顔のある豊かな人生=リッチライフ」を創造できれば幸せです。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward