なかまち不動産
10:00~18:00
2020年04月14日
不動産購入

安くて、良質な築浅住宅やマンションを探そう

安くて良質な、築浅の戸建やマンションなんてありますか?何か曰くつきですか?気になります。事故物件だと心配です。重要事項の確認を怠らないことです。

しかし、事故と言えるかどうか?競売物件はどうでしょうか?企業倒産や商売がらみだと、一般の人は心配になります。しかし、住宅やマンションの居宅の競売はどうでしょうか?

離婚や離職、病気等で住宅を手放すケースが増えてます

住宅を購入した方は、その時点で住宅ローンの審査等をクリアしている問題のない方々です。しかし、不景気による離職や、老後、病気、そして、最近は離婚により、住宅という家族、夫婦の財産を維持できなくなるケースが増えています。

住宅ローンは、所有者の単独債務の場合でも、夫婦所得合算のペアローンでも、共有でも売却となると、抵当権が問題とされ、売却額で返済しても、なお、残る債務をどうするのか、権利者(保証会社=サービサー)との合意がないと売却はできません。

売却後の残債務をどうするかが問題です

早期に任意売却したくても、保証会社(サービサー)の了解が得られなければ売却はできず、残る債務をどうするかが問題となります。

離職や老後、病気による収入減、離婚による財産分与も残債務を少なくできる売却ができれば、又、保証会社と合意できる任意売却で返済ができれば、その後の残債務返済も目途が立ちます。

しかし、任意売却ができなくて競売となると、査定売却価格は安価となり、残る債務も多くなります。結果、返済条件が厳しくなるので、自己破産を選択することになります。

その反面、競売市場では、安くて良質な物件が流通することになるわけです。この様な競売物件を、事故と捉えるかは購入者次第ですが、問題の無い物件が増えています。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、東証一部上場の建設・不動産活用専門会社に勤務し、支店長として全国各地を転勤し不動産の有効活用事業で多くの皆様と出会い、建設、不動産に関わる様々な取引・契約を経験することができました。これからの人生も、不動産の売買、活用、賃貸に関わる皆様の様々な要望、お悩み、ご相談に真摯に取り組み、「不動産で笑顔のある豊かな人生を=リッチライフ」を応援します。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward