なかまち不動産
10:00~18:00
2020年01月21日
売却・任意売却

新築住宅より中古住宅市場が騒がしい

「あなたの家、買い取ります」CM、新聞のチラシ等、最近、不動産業者?というより、住宅販売会社が盛んに、宣伝している内容です。新築住宅の販売低迷の影響なのか、中古住宅、中古マンションの買取宣伝が毎日行われています。

住宅販売会社としては、リフォーム工事して中古住宅で販売する場合、「仕入れ」を如何に安くできるかですし、築古の安価な物件は、新築住宅の販売が目的で如何に安く土地を「仕入れ」できるかがポイントになります。一方、売却する側は、希望する値段で売れるかですから、双方にメリットが生まれれば良いですね。

主な、売却目的、理由はどんなことでしょう

売却には目的・理由があります。例えば、次のような目的が多いようです。

・貸している家をそろそろ売却したい

・持ち家が空き家、又は空地になる予定

・転勤・引っ越しで早期、売却したい

・相続で売却を考えている

・相続納税の納期で急ぎ、売却を考えている

・離婚による夫婦共有財産の分割

・ご近所に知られず売却したい

・住宅ローンの返済が厳しい

等が、主な理由として揚げられます。様々な事情はあると思いますが、専門的な判断が必要な事案もありますので、業者選びは慎重にしましょう。

不動産の売却には、仲介方式と買取方式があります

売却をじっくり検討している方も多いと思います。売却目的に応じた方式の選択をすることが重要です。

・家族が増えて手狭になった

・こどもが巣立ち夫婦2人で住むには広すぎる

・住宅ローンの返済が残っている

・住み替えをしたい

・売りに出しているが売れない

・空室の多い賃貸物件に困っている

・複数の相続人がいるため、現金化したい

・古い空き家を相続した

等の理由のある方は、売却方式をしっかり検討してください。

<仲介方式と買取方式の大きな違い>

仲介方式:比較的、希望価格での売却が成立する

買取方式:「仕入れ」目的な為、安価になる

納期のある売却や早期売却の場合、買取方式は安心ですが、反面、「足元を見られやすい」点もあります。

相続関係、債務関係、離婚関係等複雑な売却は、弁護士や競売や任意売却の専門資格を有する、専門の不動産業者に相談することをお勧めします。

この記事を書いた人
中町秀豊です ナカマチヒデトヨ
中町秀豊です
「なかまち不動産」の中町秀豊です。約30年、大手建設・不動産活用専門会社の支店長として全国各地を転勤し、不動産活用を通じ多くの不動産オーナーとご家族の皆様と出会い、様々な建設・不動産取引の経験を積むことができました。これからの人生も、不動産オーナーとご家族の皆様其々のお悩みやご要望にお応えし、不動産で「笑顔のある豊かな人生=リッチライフ」を創造できれば幸せです。真摯に一生懸命が信条です。どうぞ宜しくお願いいたします。
arrow_upward